特集番組「DESIGN TALKS plus」出演(30分)

<アーカイブ有> よいデザインとは?そしてそのデザインの持つ力とは?伝統から最先端まで週替わりのデザインに関するテーマに沿ったゲストを迎え、デザインの可能性についてゲストと追及する30分の知的冒険番組。2020/5/28に英語版(日本語インタビュー、英語吹き替え)が放送され、ウェブでアーカイブの視聴も可能。10/2はその日本語版。

公式ホームページ:https://www.nhk.jp/p/ts/E1XN86K6YE/
放送日:10/2(金)21:30~22:00、再放送10/7(水)10:25~10:55

公式情報

動画視聴ページ

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/designtalksplus/20200528/2046122/
※ゲストとのインタビューは日本語で行われ、英語で吹き替えされています。うっすら日本語も聞こえるのでわかりやすいです。1年間(~2021年3月頃まで)アーカイブweb動画を視聴可能です。

Since the beginning of time itself, humans have been captivated by the future, visualizing the different ways it could play out. Meanwhile, designers and artists have provided their own interpretations of the future through the creation of products and artwork. On this episode, we welcome Ochiai Yoichi, a media artist who envisions a new world that combines nature with digital technology. What kind of future can we build for ourselves in this age of uncertainty?

メモ(後で消す)

5月の英語版と同じ内容(ナレーションは日本語、映像はまったく同じ)だが、半年しか変わらないのに「現状認識」が古く感じた。同じ「コロナ禍」と言っても刻一刻と状況が変わっていく。100年ごとに起こる疫病をその時点の人々はどう捉えて未来を描いていたんだろうか。タイムスタンプつきの記録が重要なんだろう。政治や企業の失策も後で見れば明らかな失敗に映るが、その時点では未来の情報は無いわけで。