レンズという演算装置,仕事道具を語る75mm編(9分)/放送内容書き起こし途中

<落合陽一録 第13回>落合陽一が仕事に使うレンズの話,演算装置としてみている話を語りました.75mmレンズを眺めながら.

動画視聴ページ

関連資料

2020/09/20 落合陽一公式note レンズという演算装置,仕事道具を語る75mm編 / #未知への追憶 #日々短文雑記

放送内容書き起こし

0:00

あああああ

考えたことメモ(後で消す)

カテゴリー「テーマ>芸術(写真含む)>音楽」→「テーマ>芸術>写真」「テーマ>芸術>音楽」に変えよう。
メディアアートに含まれる1表現として「写真」や「音楽」がある、という位置づけ。ひとまず、日本語:写真(英語:lens)とした。photoやcameraじゃない気がする。写真のくせに「動的」な感じ(表現が混じる=音楽会で音を見る・音を触る、のに同じ)。スマホのおかげで「写真」と「動画」に差がなくなった。マスメディアですら、そう。

写真やカメラについて語っているインタビュー、あまりない気が。写真家との対談とかあったけ?ぐぐる。→★「過去の写真展ごと」に公式発信・メディア露出・視聴者の感想をまとめる。個展「未知への追憶」みたいに。写真展以外の個展も同じ。こういうインタビューをひもづける。 つまり、写真展(写真)なのか音楽会(音楽)なのかメディアアート展(芸術もしくは科学)なのか、は厳密には分けづらい。

https://www.asahi.com/and_M/20190121/75439/ 反映済み

個展の歴史

未知への追憶 2020/07/23-09/27 今回の個展見に行っといてよかった

未来館「計算機と自然、計算機の自然」2019/11/14~ 未来館の展示はアートではないが…ここに入るんだろうな。

燐光する霊性 ―布と風、残響する軀と機械(ヨウジヤマモト,六本木ヒルズ) 2019/10/5-10/27 期間がライカとかぶってたのか…

情念との反芻 -ひかりのこだま、イメージの霊感-(ライカ銀座)2019/9/5-10/12 https://store.leica-camera.jp/event/708

質量への憧憬 〜前計算機自然のパースペクティブ〜(アマナ) 2019/1/24-2/6 https://shitsuryou2019.jp/

落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然 2018/4/20-6/28 https://gyre-omotesando.com/artandgallery/yoichi-ochiai/

Imago et Materia(六本木) http://as-axiom.com/yoichi-ochiai-imago-et-materia/

Image and Matter by Yoichi Ochiai Cyber Arts and Science towardsDigital Nature(マレーシア)2016/12/11-2017/1/14
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1188288_1587.html


★「形式>展覧会・講演」ってのがおかしい。テレビ・ラジオ等のメディアを通じずに実物を生で見る、というような意味合いだが。講演は動画で視聴されることが多いコロナ時代、どうもしっくりこない。→「形式>展覧会・音楽会」「形式>講演」にした。