家自体がコンピュータになり、AIが居住者のアクションを妄想する未来。 #AshutoshSaxena

<blueprint 第4回> ゲストは、スタンフォード大学・人工知能博士・世界的AIロボティクスの権威で、CASPAR AIを開発したBoT社CEOのアシュトシュ・サクセナ氏。未来の住居では子どもたちは犬や猫と遊ぶようにAIやIoT機器と戯れ、高齢者は日常のアクションでAIの恩恵を受けることができる。そこにはもう壁のスイッチもインターフェイスも存在しない。住居自体がコンピュータになることで、人間の暮らしはもっと豊かで快適に、そしてクリエイティブなものになっていくーー。

ダイジェスト動画(50秒)・本文

上記と同じ内容が、noteとForbes JAPANにも掲載されています。

関連情報・視聴者の感想