いくつもの分野を行き来して働く未来を前に、今私たちにできること。 #須藤憲司

<blueprint 第9回> ゲストはリクルート、リクルートマーケティングパートナーズを経て独立し、米国でKaizen Platform, Inc.を創業した須藤憲司氏。2017年より、WebサービスやモバイルのUIを改善する「Kaizen Platform」、動画広告改善の「Kaizen Ad」などの事業を展開している。 そんな須藤と落合、ふたりに共通しているのは、デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation:DX)時代の生き方や働き方について、さまざまな場所で語っている点だ。経済産業省は2018年12月に発表した「DX推進ガイドライン」でDXをこう定義している。 「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズをもとに、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」 企業がAIやIoT、5Gなどの最先端デジタルテクノロジーを活用することで、新たな価値を創造し、私たちの暮らしやビジネスをより良く変えていくDX時代の到来。その流れに伴い、一人ひとりの生き方や働き方も急速に変わりゆく中で、私たちはどう在るべきなのか――。

ダイジェスト動画(50秒)・本文

上記と同じ内容がnoteにも掲載されています。

告知/感想