“現代の魔法使い”落合陽一から見える20年後「本物か偽物か、区別できなくなる世界が来る」 #西野亮廣 #増田薫

<J-Wave「SUNDAY SESSIONS SA-CUS!」> キングコング西野亮廣氏がナビゲーターを務めるラジオ番組に落合陽一氏がゲスト出演。研究内容や学校教育と受験制度、アートと創造性、目指す未来などについて語った。logmiで対談内容の全文書き起こしが閲覧できる。

対談者

西野亮廣 キングコング
増田薫 プラスワン・マーケティング 代表取締役

対談内容

全5編のうち、落合氏は後半345に登場

1/5 キンコン西野「やると決めちゃえば工夫が生まれる」いいものを作り続けるための極意とは?

2/5 新たな挑戦に必要なものは? キンコン西野氏×フリーテル増田氏が語った“捨てる勇気”の重要性

3/5 “現代の魔法使い”落合陽一から見える20年後「本物か偽物か、区別できなくなる世界が来る」

  • 大学教授、メディアアーティスト、ベンチャー経営
  • さまざまな空間にコンピューターが入り込む時代
  • 夢の世界だったものを現実にできるようになってきた
  • ガシャン、と未来が来るタイミング
  • 本物か偽物か、区別できなくなる
  • デジタルネイチャーは20〜30年後にやってくる
  • 「今話していたのは人間?」となる世界

4/5 キンコン西野らが学校教育にある問題を指摘「日本の教育は受験のために最適化されているだけ」

  • 落合氏「珍獣みたいに扱われてる」
  • 携帯電話は10年後もある
  • 研究者たちには少し先の未来が見えている
  • 今の学校教育は受験のために最適化されているだけ
  • 選ぶ側に自信があれば、選択肢は多様でいい
  • 受験をやめさせるにはコンピューターでの採点が必要
  • 落合氏「雷でアート作品を作りたい」

5/5 「前へ出る人に対する批判は、もはや人間の性」キンコン西野らが語る、それでも信念を貫くためのヒント

  • 創造性の高い企画は通りにくい
  • 「ああ」となるような、小さなプロトタイプを作る
  • 人の善意が商品価値になっている状態は、まだダメ
    ”いや、僕あまり人に腹立たないタイプなんですけど、確かにそれはありますね。2011年の頃って、僕、クラウドファンディングのサービスを自分で作ってたんですよ。ちょうど。”
  • 「あの人と俺は違うんで」となれば勝ち
    ”「誰に話しても言葉通じないから、とりあえず言葉通じる人50人は育てようとか思ってるんだろうな」とか思って。この間ちょっと気がついたんですよね。”
  • 働きたい人、働きたくない人がそれぞれ自由に生きられる社会
  • キンコン西野お気に入りの居酒屋にある「循環社会」

J-wave 公式サイト https://news.j-wave.co.jp/2017/03/post-3394.html