誰ひとり取り残さない 地方におけるデジタル化—今すべきこと、その先の未来 #夏野剛 #山本一太

11/28(土)13:30~オンライン開催された群馬県「湯けむりフォーラム」の対談アーカイブ動画(90分)。新型コロナウイルスのパンデミックにより、必要性が浮き彫りになったデジタル化。誰ひとり取り残さずに、地方でデジタル化を進めていくにはどうすべきか。デジタル化のその先には何があるのか。地方の未来を考えるセッション。

対談者

  • 夏野剛 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授
  • 山本一太 群馬県知事 ※モデレーター

関連情報

後で消すメモ

期間の定めなくアーカイブ動画が残る講演について、優先的に「まとめ」る。全文書き起こしする必要はなく、どの秒数でどんな発言があり議論が分岐したか、みたいなことが俯瞰できればいい(weeklyochiaiの「要約」も同じ)。後からアーカイブを見る人が時短でき、動画を「書籍をパラパラめくるように俯瞰」できるような要約がいい。ズームバックオチアイの対談は書き起こし過ぎ。とはいえ、個人の感想を書くのは益が少ない。

一方、アーカイブ動画がなく、録音録画禁止の講演は、1年分を時系列でリンクさせるページがあればいいのかもしれない。自分が聴いた不確かな情報を公開するのは誤解を招く。